車を担保にお金を借りることは可能?家族に内緒でキャッシングしたい

車を担保にお金を借りることは可能?家族に内緒でキャッシングしたい

車を担保にお金を借りることは可能?家族に内緒でキャッシングしたい

車を担保にお金を借りるというと、ほとんどの人はマイカーローンを思い浮かべるのではないでしょうか。

 

しかし、最近のマイカーローンは、銀行カーローンの場合は無担保で借りられ(車に抵当権を設定することもある)、ディーラー系のマイカーローンでは自動車に抵当権を設定するのではなく、「所有権留保」という方法がとられることが多くなっています。

 

ディーラー系のマイカーローンでの所有権留保とは、簡単に言うと自動車は購入者が好きに使うことができるが、所有権は販売店やローン会社に残したままという状態のことです。所有権留保も担保権の一種です。

 

マイカーローンでは借りたお金は自動車の購入費用にしか使うことはできません。ローンの種類によっては税金などの諸費用も含めて借りることができますが、あまりないケースです。

 

ところが、車を担保にしてお金を借りても、そのお金を自由に使えるというタイプのローンがあります。車金融とか、車担保ローンなどと呼ばれているものがそれです。

 

車担保ローンには、大きく分けると2つのタイプがあります。すなわち、「車を預けてお金を借りるタイプ」と「車に乗ったままお金を借りられるタイプ」です。前者のほうは「預かり」とも呼ばれており、車を車金融に預けて、そのかわりにお金を借りるというタイプです。こちらは高額なお金を借りられる可能性がありますが、少しでも返済を滞納したら即座に車をとられてしまうというリスクもあります。

 

次に、「乗ったまま」借りられるタイプですが、こちらは車を預けることなく、自分で乗り続けることができます。しかし、借りられる金額は「預かり」のタイプに比べて小額になってしまう傾向があります。また、このタイプのローンで注意が必要なのが、リース料がとられる場合があるということです。

 

車の名義をいったん車金融に変更し、車金融が車の所有者となり、その車を利用者がリース料を支払って借りるという形態になります。

 

この場合、通常の金利に加えてリース料までかかるので、利息制限法で定められた上限金利をはるかに超える手数料を支払わなければならなくなることもあります。

 

どちらのタイプでも、返済を滞納すれば即座に車をとられてしまうというリスクを抱えていることに注意が必要です。通常、金融機関でお金を借りれば、たった一回の延滞くらいなら大目に見てもらえます。

 

もちろん、たった一回の延滞でも個人信用情報に傷がつき、延滞料をとられてしまいますが、強制的に契約を解除されるようなことはありません。延滞を何度も繰り返していると、利用停止になることはあります。さらに、延滞を3ヶ月以上続けると重大な契約違反となり、強制的に契約を解除され、残った借金を一括で請求されてしまいます。

 

しかし、車担保ローンでは、たった一回延滞をしただけでも、車をとりあげられてしまうことがあるようです。たった一回の延滞でも契約違反であることに変わりはないため、とられた車を取り返すことは簡単にはいかないでしょう。

 

弁護士を雇って徹底的に争うにしても、手間と費用がかかりますので、多くの場合割に合いません。契約内容はよく確認しておいて、どういった場合に車を没収されてしまうのかはよく確認しておきましょう。

 

また、車担保ローンで借りられる金額は実際の車の価値よりもはるかに小額になりやすいというポイントにも注意が必要です。通常の方法で車を売却すれば200万円になるのに、車金融で査定してもらったら30万円にしかならなかったということもあります。

 

たった30万円を借りるために200万円の車を預けて、少しでも延滞をすれば取り上げられてしまうリスクがあるというのは割りに合いません。

 

このようなケースでは車を200万円で売却して、そのお金で安い車を購入したほうがよいでしょう。車金融と契約をするときは、慎重に行いましょう。

 

車を担保にお金を借りる車担保ローンとは 車金融比較と審査基準

 

金融機関のキャッシングでは、厳しい審査があるため使えない方もいます。簡単に利用できるやり方としては、自動車を担保にして借りる方法があります。利用できる金融機関はあまり多くないですが、上手く使えばブラックの人でもお金を得られます。

 

自動車を担保にして借りる方法は、特に厳しい審査は行われません。一般的な借入はこちら側の信用を元に、借りられる金額を決めます。そのため細かいチェックを行いますけど、車担保ローンは楽に利用できます。ただ不動産を担保にするものに比べると、融資を受けられる金額は小さめです。

 

この方法でローンを利用すると、まず最初に自動車の価値を調べます。十分に価値のある車ならば、それに合わせてお金を借りられます。この時に注意したいのは査定額以上の、お金は借りられない問題です。自動車の価値までしかお金を得られないので、大きなお金を借りるのには向いていません。

 

一般的なキャッシングとは違い、車担保ローンには特徴があります。担保を使ってお金を借りる方法ですけど、銀行では利用しづらいです。銀行は不動産を担保にしたローンは、相談をすれば利用するのは難しくありません。しかし車を使ったローンに関しては、大半の所では利用できなくなっています。

 

車担保ローンには問題点があって、お金を借りた人が踏み倒しやすい所があります。不動産と違って簡単に移動できるため、もし何か問題があった時は取り立てが大変です。銀行がこのローンを行わないのは、取り立てをする時の負担が大きいからです。そのため利用できる金融機関は、銀行以外の所が中心になるので気をつけなければいけません。

 

審査基準は一般的な借入とは違い、車の審査以外は簡単な確認のみ行います。自動車の証明書などの書類は必要になりますけど、それ以外は特に問われる問題はありません。車の価値に合ったお金を借りられるため、申請者の立場は重要視されません。そういう所が他の借入とは違うので、特徴を知っておけば良い形で使えます。

 

金融機関を使って車担保ローンを使う時は、2つのやり方があるので注意がいります。一つは担保にした自動車を預けて、自分が利用できなくなる方法です。もう1つは車の権利は相手に渡しますが、車自体の利用は継続できるやり方です。金融機関側に預けると、車は使えなくなりますが支払いは安くすみます。手続き後も自動車を利用できるタイプは、支払いの金額が大きくなる可能性があります。

 

ローンのために車を担保にした時に、そのまま利用する場合は特別な手続きをします。それは金融機関が権利を持っている、自分の車のリースを受ける手続きです。この方法はリースで車を使い続けられる良さはありますが、リースの費用も支払うため負担が大きいです。金利の支払いも別に行わなければならず、返済額が大きくなりやすい特徴があります。

 

普通の方法でキャッシングが難しい時は、車担保ローンが向いています。本人に対する審査は殆ど行われないため、価値のある車を持っていれば大きなお金を借りられます。ただ金利の負担は大きい傾向があるため、どの程度の支払いになるのか確認はいります。金融機関が貸し出せる上限まで、金利の設定をされる場合も多いので注意が必要です。

 

自家用車を担保に使ってお金を借りる時は、融資の受け方を気をつけなければいけません。特にリースして使い続ける場合は、高額な支払いがいるため負担が大きくなります。金融機関に自家用車を預けて行う場合は、リースの費用はかからないので安くすみます。車担保ローンはもし支払いができなくなれば、権利を失ってしまいます。大切な愛車を担保にする方法なので、手続き内容を確認してから行うべきでしょう。

 

金融機関を使って行うこのローンは、審査が簡単な代わりに支払いの負担が大きい方法です。金利は最大限まで要求されやすく、リースを受ければその支払もいります。ただ審査が殆ど行われないので、ブラック状態の方でも利用できる良さはあります。どうしてもお金が欲しいけど利用できる所がない、そういう方にとって便利な方法です。

 

お金を借りる時は保証人が必要で、大きなお金を借りる時に要求されます。車担保ローンでは保証人は要らず、問題なくお金を借りられます。プライバシーにも配慮されているため、お金を借りていても周囲には分かりません。安心して楽に借りられる良さがあるため、お金が必要になった時に利用しやすい方法です。

 

車担保ローンでは自動車の査定が行われますが、一般的な買取業者に比べると安いです。金融機関は転売のために、対応するわけではないため低めの査定額になります。借りられるお金は現金ですぐに得られますが、金融機関への振込も依頼できます。

 

このローンは利用する金融機関によっては、金利の負担を小さくできる場合もあります。状態のいい自動車ならば評価されやすく、良い条件でキャッシングができます。車担保ローンは誰でも簡単に、お金を借りられる便利な方法です。