クレジットカードでお金借りる キャッシング機能活用で賢く生活

クレジットカードでお金借りる キャッシング機能活用

クレジットカードでお金借りる キャッシング機能活用で賢く生活

私は10年以上前にある大手銀行グループのクレジットカードを作成しました。

 

作成した動機は、海外旅行の時などクレジットカードでないと支払いを受け付けてくれないホテルやお店があると聞いたからです。

 

その頃は、キャッシングでピンチを切り抜けられるとは思ってもいませんでした。

 

クレジットカードを作成した時は、ある大手企業のサラリーマンでした。

 

自分はこの会社で定年まで働いていくのだろうと思っていましたが、人生は甘くはありませんでした。

 

経済情勢が厳しい時期でしたので、紆余曲折し会社を去ることになりました。

 

当時、私は会社の給与の支払いに関して無頓着で、その月に働いた分の給与が同月の月末に支払われることを忘れていたのです。

 

てっきり、退職月の翌月に給与が振り込まれるだろうと思っていたのですが、給与は振り込まれていませんでした。

 

退職した会社に慌てて電話した所、給与は同月払いであることを指摘され、入社時に説明を受けた記憶が蘇ってきました。

 

正直、家賃を支払うお金どころか明日の食費もどうしようか、と茫然としました。その時、クレジットカードのキャッシング機能を思い出しました。

 

明細書にショッピング50万円、キャッシング50万円、と記載されていたことをおぼろげながら思い出したのです。

 

私は大急ぎで、銀行のATMで直行し、クレジットカードのキャッシングを実行しました。

 

お金が出てくるまでは、本当に不安で不安で仕方ありませんでした。

 

もし、記憶違いだったら、家賃が払えず、生活もままならなくなる。

 

不安の嵐が頭の中で渦巻いていましたが、キャッシングした金額10万円が出てきた時は正直、地獄から天国へ昇った心地でした。

 

クレジットカードのキャッシングが、自分のピンチを救ってくれた瞬間でした。本当に感謝しています。

 

クレジットカードをうまく使えば、緊急のときにお金を借りることができます。

 

とても便利なので、お金を借りる際にオススメです。

 

クレジットカードにおける審査と選択方法

 

クレジットカードでお金借りる キャッシング機能活用で賢く生活

もしも、初めてクレジットカードを使用するなら、まずは審査を受けて、

 

クレジットカード会社からカードを発行してもらわねばなりません。

 

働いていない時間が長く続き、月収が不安定な時期が続くと、クレジットカードの申込みをしても、審査ではねられてしまうことがあるようです。

 

近年では、インターネットからの申込みを行って、クレジットカードの審査結果を持つという仕組みもよく使われています。

 

クレジットカード会社の店頭に出向いて申込みをしていた頃と比べて、随分と申込みしやすくなっています。

 

どんな審査をしてクレジットカードが発行されるのか、大まかに理解しておくと役に立つことでしょう。

 

クレジットカードの申込みに関する情報がある程度あれば、速やかに申込み書類等を作成することができるのではないでしょうか。

 

あらかじめ、申込時に注意すべことや、審査の大まかな内容を確認することができれば、審査で戸惑うことはありません。

 

最近は、飛躍的にクレジットカードの所有率が上がっています。

 

クレジットカードが使える店も増え、通販でもカード決済がごく当たり前のように行われています。

 

クレジットカードを使えば、旅行先での買い物や、交通機関の利用なども、簡単な手続きで済ませることができるようになっています。

 

これまでは高収入の人から優先的に持つことが許されていたクレジットカードですが、今では大半の人が所有できるように変わってきています。

 

様々なサービスが、クレジットカードにはつくようになりましたので、

 

どのクレジットカード会社のサービスが自分にとって利用しやすそうかを考えた上で、選べるようになってきているといえます。

 

クレジットカードの付帯サービスには、そのクレジットカード会社ならではのものもあります。

 

場合によってはメインのクレジットカードを切りかえることも検討して審査を受けるといいでしょう。

 

 

クレジットとキャッシングの違いについて

 

クレジットカードでお金借りる キャッシング機能活用で賢く生活

基本的に一か月で支払いをするクレジットは複数回払いを設定できるとはいえ、

 

昨今ではキャッシングでも複数回の返済という設定が出来るのは珍しくもない為、

 

この二つを混同している人は意外と多くいます。

 

実際この二つは性質や想定されてる利用場面などが非常に似ており、

 

クレジットカードのサービスとしてキャッシングが付加されているのも昨今では当たり前になってきました。

 

ではどのような部分が違うのかというと、クレジットというのは「支払い代行」サービスであるという点です。

 

例えばキャッシングで得たお金で物品を購入した場合、

 

その購入した物品の所有者は購入者の物となり

 

キャッシングの返済は残っているとはいえ、物品の処分や転売は個人の自由です。

 

ですがクレジットで購入した場合、それは俗にカード会社などと呼ばれるクレジットカードの発行元である

 

信販会社が支払い代行したという状態なので、転売などを行う事は出来ません。

 

このように法律における定義が違っているため、関連する法律もまた違い、ショッピング枠はクレジットカードを発行している信販会社が行っており、

 

キャッシング枠は銀行などに委託していたり、貸金業法における貸金業の免許を獲得している子会社などが管轄している事が多いようです。

 

クレジットカードとキャシングを比較して賢くお金を借りる

 

クレジットカードとキャッシングは似ているようで違うものですが、比較するとどんな違いがあるのでしょうか。

 

クレジットカードは、金銭の決済をするために必要となるものです。

 

手持ちのお金がなくても、クレジットカードを持っていれば、買い物や、食事ができるので、とても便利です。

 

クレジットカードの中には、キャッシングカードとしても利用できるタイプのものがあるようです。

 

お金を借りたい時に、キャッシングを利用すれば、限度額いっぱいまで何度でも借り入れができます。

 

クレジットカードでできることと、キャッシングでできることとの間には、大きな開きがあります。

 

クレジットカードは買い物に使うカードですし、お金を借りたい時にはキャッシングの出番です。

 

クレジット会社もキャシング会社もカードを発行しますが、同じカードでも比較してみると機能に違いがあります。

 

クレジットカード会社がつくっているカードは、クレジット枠のほかにキャッシング枠もついていて、

 

ポイントサービスや、旅行時損害保険サービスなども付帯しています。

 

普段の買い物や、現金融資ができる他にも、割引きサービスが使えたり、ポイントを貯める楽しみがクレジットカードにはあります。

 

金利や、借入額の上限については、クレジットカードのキャッシング枠より、キャッシング専用カードのほうが好条件です。

 

キャッシングカードを用いたサービスに特化しているのが、キャッシング会社の活動です。

 

キャッシングサービスと、クレジットカードのサービスの違いを理解した上で、状況に応じて使い分けるといいでしょう。