お金借りる言い訳 親にばれたときになんて言う?こっそりキャッシングするには

お金借りる言い訳 親にばれたときになんて言う?こっそりキャッシングするには

 

お金借りる言い訳 親にばれたときになんて言う?こっそりキャッシングするには

 

お金借りる言い訳集

 

学生や社会人になりたてのうち、そうでなくてもお金が足りなくなり、どうにもならない時があります。

 

そういう時は、まず一番信頼できる人に相談することが大切です。

 

お金を借りるという方法以外で解決できればいいのですが、そうでないときは、お金を借りる言い訳が必要となります。

 

言い訳として、一番同情されやすいのが下記のとおりです。

 

勤務先をくびになった、

 

学費が足りない、

 

冠婚葬祭で急な出費が相次いだ、

 

親の介護でどうしても資金が必要、

 

などといったどうしようもない事情と考えられる時です。

 

そういったことであれば、日ごろの生活がしっかりしていれば、お金を貸してくれる人も少なからずいると思います。

 

ここで取り返しのつかないような大嘘はつかないこと。

 

お金の貸し借りは、トラブルのもとだが、返済期日をしっかりと決め、利子はいくらつけるかなどを第三者をつけて決定すればトラブルは起きにくいです。

 

誓約書を用意しておくこともその対策の一つです。

 

親ばれしたときにはどうする?

 

親に借金がばれたときには、まず伝えてなくて申し訳ないと素直に伝えるのが第一です。

 

そのあと、お金を借りなければならない事情があったことを伝え、絶縁状態にはならないように気を付けてください。

 

できる限り親の協力がえられるといいのですが、うまくいかないことが多いと思います。

 

その後、借金はきちんと片を付け、親孝行ができればなおいいです。親に対しても礼儀を忘れずに誠意を見せることが大切です。

 

こっそりキャッシングするには

 

人にばれずこっそりとキャッシングするには、なるべくしっかりとした金融機関に行き、そこで相談することです。

 

金融機関によっては、インターネットで手続きを済ませることもできますが、担当者と話しておいたほうがのちほどのトラブルは防げるかもしれません。

 

借金がばれないようにする個人的な対策としては、返済の連絡が来ないうちに返済を済ませる、

 

金融機関からの連絡(はがき、封筒など)を適宜確認し、家族や同僚の目につかないところに隠しておくなどごくわずかしかありません。

 

書面に残らないようにすれば、はがきなどで借金がばれてしまう心配は減りますが、その分過払いの必要が出てきたり、怖い人に追いかけられたリするかもしれません。

 

あと、借金を別な金融機関から借りることによって返済するのは、避けましょう。

 

その作業を繰り返すと、利子の分があるため、どんどん借金が膨れ上がりどうしようもなくなります。

 

急な出費の言い訳おすすめ 友人や家族からお金を借りるときの頼み方

 

急な出費で持ち合わせがなく、友人や家族からお金を借りたいと思った際は、様々な言い訳を使ってお金を借りようと考える人も多いことでしょう。

 

キャッシングやカードローンなどもお金を借りる一つの手段といえますが、高額な利子が発生することもあり、できれば友人や家族から借りたいと考える人も多いものです。

 

お金を借りる言い訳については、有効的なものもあればそうではないものの存在しています。

 

相手に貸しても大丈夫だろうと思われる言い訳もあれば、貸したら危ないと思われてしまうものもあります。

 

お金を借りるための言い訳は無限に存在していますが、まず一つ目に有効なものが何かしらの欲しいものがあるということです。

 

特定の商品などを買うための資金が欲しいなどの言い訳がよいでしょう。

 

家や自動車などのまとまったお金が必要となるものから、少しの趣味のものなどを購入するために借りるなど様々な種類があります。

 

ほしいものにより借りる金額も大きく異なるので、ほしいものがあるという理由はキャッシングの審査でも比較的有利と言えるでしょう。

 

この言い訳は、これから継続的にお金が足りないという理由ではなく、ほしいものがあるのでお金が必要になったということで、日常的にお金に困っているわけではないと判断されます。

 

そして二つ目に冠婚葬祭の費用が必要になったといういいわけです。

 

例えば結婚式に出席する必要がある、身内に不幸があったなどの場合には、一定の費用がかかることになります。

 

特に場所が遠方にある場合には交通費や宿泊費も伴うことになるでしょう。

 

結婚式に関してはある程度前もって日程がわかっているものですが、お葬式についてはほとんどが急に行われることとなります。そのためちょうど給料日前のお金に余裕がない時期に発生することもあるでしょう。

 

冠婚葬祭の費用に関しても、キャッシングでは非常に借りやすい理由といえます。これも一時的にお金が足りなくなっただけであり常にお金が足りない状態ではないので、貸し倒れのリスクは低いと判断し、比較的貸してくれるケースが多いでしょう。

 

 

そして旅行や引っ越しの資金が必要だといういいわけです。旅行に行くとなるとそれなりの費用がかかることでしょう。

 

交通費や宿泊費などはもちろんのこと、現地で使うお金やおみやげのお金も必要となります。特に海外旅行となった場合には、まとまった額の金額が必要です。

 

引っ越しをする場合にも、まとまったお金がかりやすいと言えます。前家賃や敷金、礼金などがそれぞれ家賃の1か月分から2カ月分ほどかかり、引っ越し業者を使うのであればその業者に支払う費用も必要です。

 

一回の引っ越しで数十万円の費用がかかるのは当たり前と言えるでしょう。

 

旅行や引っ越しの資金に関しても、キャッシングやカードローンでの融資は比較的受けやすいといえます。継続的な利用が想定されるものではなく、非日常的な出費にかかわるのだからです。

 

そのほかの言い訳の例としては、財布をなくしたり空き巣に入られた、スリにあった、親が病気になったなどの不幸に関連してさらにお金がないという言い訳は、特に知人からはお金が借りやすいと言えるでしょう。しかし家族を何度も病気にするわけにもいかず、繰り返し使えるものではありません。

 

そして急な飲み会に誘われてしまったり、具合が悪く病院に行きたい、交通違反で捕まってしまった、車が故障したなど急で不定期な資金不足に関連したお金を借りる言い訳もあります。

 

急な資金難であれば切羽詰まっている状況には感じられないかもしれません。

 

すぐにお金が必要だとアピールすることで、お金を借りられる可能性も高まります。

 

そして

 

子供の給食費が払えない、

 

水道光熱費や家賃が払えない

 

などの継続的にお金が足りなくなっている可能性が高いものに関しては、なかなか借り入れは難しいかもしれません。

 

特に生活費に関しては、返してもらえないと判断されてしまう可能性もあります。

 

これらを踏まえて友人や家族からお金を借りるときの頼み方としては、下手な言い訳をするよりも正直にお金を借りたい理由を話すのが一番良い方法と言えます。

 

どれだけ正当な理由があったとしても、友人や家族に頼らなければならないことは同じです。

 

たとえ叱られてしまったとしても、それは家族であれば当然であり、友人も自分のことをしっかり考えてくれている証拠と言えます。

 

友人や家族からお金を借りるとなった場合には、たとえどんなに近い関係であったとしても借用書を書くことは大切です。

 

借用書を書くことで、お金を借りたことをないものにすることはできません。

 

借用書を書いたということは絶対にお金を返済しなければならないという気持ちを持ち続けることにもなります。

 

たとえ自分の親や親友から借用書はいらないと言われたとしても、自分で自立して生活していることが当たり前なので、必ず作成するようにしましょう。

 

返済期日を書き込んで、住所や氏名、印鑑を押し作成しておきます。

 

少しでも相手に安心感を与えるためにも、印鑑は実印にして印鑑証明を添付することで完璧です。