お金借りる 掲示板ってなに?個人間融資掲示板って怪しくないの?お金を借りたいが不安

お金借りる 掲示板ってなに?個人間融資掲示板って怪しくないの?お金を借りたいが不安

 

お金借りる 掲示板ってなに?個人間融資掲示板って怪しくないの?お金を借りたいが不安

 

お金借りる掲示板というのは、

 

「お金がなくて困っています。希望額10万円。」

 

というような書き込みを掲示板にして、

 

お金を貸してくれる人を募る掲示板のことです。

 

「金利18%で50万円まで融資します。」

 

というように貸し手が書き込みをしているケースもあります。

 

個人間融資掲示板と呼ばれているものですが、はっきりいってかなり怪しいです。

 

正規の金融機関で借りられるような人はまず利用しません。

 

そのため、正規の金融機関では融資を断られるような

 

ブラックの人、多重債務者、未成年などが利用するようです。

 

お金を貸す側もこのような事情はよく理解しています。

 

普通の人なら信用のない人間にお金を貸そうとは思いません。

 

なので、貸す側もヤミ金や詐欺業者など、わけありの人が多いようです。

 

個人間融資掲示板を利用したことによるトラブルは多数報告されています。

 

一番多いのが、ヤミ金で高額な利子をとられたという例でしょう。

 

個人情報を教えてしまっているので、

 

家族や友人、職場にまで被害が及ぶこともあります。

 

次に、詐欺業者が多いのも特徴です。

 

「あなたを信用するために1万円だけ先に振り込んでください。その後10万円貸します。」

 

といったような連絡があって、

 

言うとおりに一万円を振り込んだらそれっきり連絡がとれなくなったというケースなどです。

 

都心部の警察は忙しいので、被害額が少額な場合は動いてくれないこともよくあります。

 

そのためこのような詐欺業者がつかまる確率は低いです。

 

また、携帯番号も本人のものではなかったりと、いろいろと捕まらないための工夫をしています。

 

また、借りる側が女性で、貸す側が男性の場合には肉体関係を迫られることもあります。

 

実際に会ったり、写真を送ったりすることは止めておいた方が無難です。

 

個人情報が目的である場合もあります。個人情報は犯罪に利用されることもあります。

 

住所、口座番号、身分証明証のコピーなどを教えるときは細心の注意を払いましょう。

 

正規の金融機関なら個人情報保護の法律があるため心配は少ないですが、

 

相手が登録をしていない業者である場合には法律が守られる保証はどこにもありません。

 

以上のように、個人間融資掲示板は危険がいっぱいです。

 

このような掲示板に頼ってでもお金を借りたいという人は、なにかしらの事情がある人でしょう。

 

犯罪に巻き込まれるくらいなら、

 

生活保護のような国の制度を頼ったり、弁護士に相談をして債務整理をしてもらうことをお勧めします。

 

 

 

お金借りる掲示板は信用できる?即日お金が必要で今すぐ融資を借りたい

 

すぐにお金を借りたい人が利用するのがキャッシングですが、確実に審査に通過するわけではありません。

 

審査の通過率は概ね60%〜80%と言われており、時期によっても変動するのが現実です。

 

過去に延滞をしたり個人信用情報に掲載されていたりする人も借入できず、そうした人がよく目にするのが個人間融資の掲示板でしょう。

 

お金を借りたい人、貸したい人が集まってWEB上でのやり取りで貸し借りの手続きを進めます。

 

非常に合理的な仕組みに思えますが、互いに顔・本名のわからない相手同士での貸し借りになるので不安があります。

 

お金借りる掲示板は非常に高リスクで、これは借り手・貸し手の双方に言えることです。

 

ブラックの状態の借り手が多いことが想像でき、それらの人に融資をしてくれるという貸し手も怪しいです。

 

お金を貸すからには相手の返済能力を見極める必要があり、勤務先・年収などの条件は必須となります。

 

匿名の掲示板だと嘘をつくことが可能ですし、悪徳業者が貸し手として利用しているケースもあるでしょう。

 

何よりローンには必ず審査があるもので、身分証明・収入証明の提示が必須になります。

 

また自宅・勤務先への在籍確認もあるため、掲示板でのやり取りだけで貸し借りできる話は怪しいです。

 

運よく借りられる人は一部にいるかもしれませんが、そうした人は稀だと考えておきましょう。

 

怪しい業者にアクセスしてしまうと、個人情報を知られることになります。

 

やはりお金が必要なときはお金借りる掲示板ではなく、健全なキャッシングを利用するのがおすすめです。

 

ブラックの状態ではなく審査に通過できないなら、金額を抑えて申し込んでみるのがよいです。

 

お金借りる掲示板でも10万円以内の希望額を設定している人が多く、これくらいの金額だと消費者金融や街金からも借入できる可能性があります。

 

銀行はノンバンク系より審査が厳しいと言われますが、10万円くらいの金額だと大差はありません。

 

審査に落ちてしまう人の特徴として、多めに枠を確保しようと考えることがあります。枠が大きいほど審査のハードルが上がってしまうのは間違いありません。

 

10万円なら問題なく借りられる人であっても、30万円にすれば落ちるかもしれないわけです。

 

キャッシングの多くは即日融資に対応しており、午前中に申込すれば即日で借りられることが多いです。

 

翌営業日以降になってしまうケースとして午後からの申込があり、特に午後3時を過ぎてしまうと即日は厳しいでしょう。

 

希望額によっても即日融資が可能かどうか変わってくるので、事前に金融機関に話しておくのも手です。

 

10万円ならOKと言われたなら、10万円以内で申込すれば問題ありません。

 

審査で注意したいのは嘘は100%通用しないことで、例えば住所なし・無職などの情報はすべてバレます。

 

在籍確認は記載情報に嘘がないか確認するためのものです。

 

自宅に電話がくるのは住所が実在するか確かめるため、そして会社に連絡がくるのは勤務しているか確かめるためです。

 

在籍確認は原則としてあると考えておくのが無難であり、実際に95%以上の確率で行われています。

 

一部の金融機関は在籍確認なしを謳っていますが、状況によっては行なっている現実があります。

 

ブラックの状態で借りられない人も、嘘をつけば確実にバレるので注意してください。

 

個人信用情報機関の履歴にデータが残されており、嘘をついても情報開示請求をされればバレます。

 

ブラックの人の最後の手段として悪徳業者からの借入がありますが、利息を含めて返済額は数十倍になるので注意してください。

 

貸し手の個人情報が不明、実質年率が設定されていない、などの状況で借りるのは危険です。

 

貸し手は5万円などの少額を貸し付けて利息で儲けるという手法を取っており、年率は1000%を超える業者もあります。

 

貸金業法では実質年率の最高は20.0%と定められており、それを超えてしまうと違法になります。

 

かつてはグレーゾーンでの融資が黙認されており、29.2%までの金利設定が可能でした。

 

現在はグレーゾーンは廃止されたので、最高でも金利は20.0%です。

 

お金借りる掲示板は悪徳業者の温床になっているので、絶対に利用しないようにしましょう。

 

借りられたとしても少額を超高金利で貸付されることになります。借りてもすぐに返済不能になるのは、借り手自身が一番よく知っていることです。

 

悪徳業者は完済させずに利息を稼ぐことが目的なので、一度でも借りてしまうと大変なことになります。

 

住所・氏名・電話番号を聞かれることになり、個人情報が相手に流れてしまいます。

 

業者の中には家族の個人情報提示を求めてくるところもあるので、悪徳業者から借りると家族にも迷惑をかけることになるでしょう。

 

キャッシングなら返済期日までに入金すれば、取立てしてくることはありません。

 

悪徳業者からの借金に返済義務はありませんが、個人情報を流してしまうと他の業者からも狙われる可能性があるので、やはり最初から借りないのが得策です。