何歳からお金借りれる?未成年では審査通らない?18歳、19歳でもお金借りたい

何歳からお金借りれる?未成年では審査通らない?18歳、19歳でもお金借りたい

 

何歳からお金借りれる?未成年では審査通らない?18歳、19歳でもお金借りたい

 

学生のみなさん、自分の家庭を持っていても20未満の未成年のみなさん、日々の生活費や学費、交際費は、今の収入やご家族からの仕送りだけで足りているでしょうか。

 

十代最後の貴重な時間に、趣味を思いっきり満喫したり、学びたい分野の学業に専念したり、行きたい場所に旅行したり、はたまた若くして家庭を持たれた方なら家族に満足のいく生活費を工面してあげたいものです。

 

しかし、普段見かける消費者金融のテレビコマーシャルや雑誌広告にふと目をやると、利用条件の項目に満20歳以上などの年齢制限が設けられており、実際のローン商品からも20歳以上の会社員のみを対象としたイメージを受けることでしょう。

 

そんなわけで、多くの若い世代の方が、結局未成年である自分はお金借りれるわけないんだと、諦めてしまっているのです。

 

そこでおすすめしたいのが、未成年であっても借りられる学生ローンです。

 

学生ローンとは、全国の大学生、大学院生、専門学校生、あるいはこれから学生になろうとする方を対象とした融資商品の総称です。

 

そのため、借り入れで得たお金の用途は学費、教材費などに当てられることが定められています。

 

用途は必ずしもそれだけではなく、例えば学生寮の寮費、1人暮らしの家賃、食費、交通費、交際費にも使うことができます。

 

つまり学校関連費に加えて学生生活における総合的な生活費にあてることができるので、広く学生のライフスタイルをサポートすることができるのです。

 

ここで気になるのが、学生ローンの審査についてですが、もちろん学生を対象としているので18歳、19歳などの未成年であっても年齢制限に引っかかることはありません。

 

その代わり、使途不問のローン商品と違って在学証明書の提示などが必要となる場合もあります。

 

学生ローンを受験費に当てたい場合には受験する学校の学費の見積もりなどを提示することもあります。

 

これらの必要書類をそろえて申し込みに備えれば、たとえ未成年であっても審査通過できるのが、学生ローンの嬉しいポイントです。

 

このように、18歳、19歳であっても申込みができる学生ローンを使えば、どうしても高額となってしまう学費や教材費、家賃などをカバーすることができます。

 

学生結婚をした若いご夫婦の生活の基盤を支えることもできます。

 

若くして家族を持ったからといって、学びたい学校での学業を諦めない、そんな新しいスタイルの学生生活も夢ではなくなるでしょう。