年金生活者にもカードローンは欠かせません

年金生活者にもカードローンは欠かせません

 

年金生活者にもカードローンは欠かせません

年金生活に入りましたが、結構お金が要るので困っています。

 

偶数月に年金が振り込まれますが、それまで待てないことがあります。

 

そんな時は時間をかけて銀行の窓口へ行って定期預金を解約したりして埋め合わせていました。

 

何度も窓口へ行かなくてはならないこともあり煩わしいことこの上ありません。  

 

この面倒くささを解消するいい方法はないかと考えました。

 

カードローンを持ったらいいとの結論になりました。

 

銀行のATMコーナーにあったパンフレットを読むと

 

年金受給者でもOKと書いてありましたので、これだと思いました。

 

お金が必要な時に近くのコンビニで簡単に借りることができるので便利です。  

 

早速銀行の窓口へ行ってカードローンを作りたいと申し出しました。案ずるより産むが易しでした。

 

年金振込や公共料金などの実績がありますからすんなりと手続きは進みました。

 

その日はカードはもらえませんだが3日後に銀行の窓口でカードを貰えました。   

 

必要なお金を必要な時に引き出せる便利さを改めて実感しています。

 

自分の財布から出す感覚で使えるので大変助かります。

 

返済は年金が振り込まれた日にATMで返済するようにしています。

 

自転車操業にならないように注意して、カードローンを有効に活用しています。

 

年金受給者でも、ローンは組めます。年齢にもよりますが。

 

年金生活者にもカードローンは欠かせません

年金受給者が、ローンを組む場合には、金融機関であれば、

 

年金受給をその金融機関からするようにしてから、ローンを組むようになります。

 

年金は立派な収入源なので、無職や、フリーター、主婦などに比べると、年間の年金受給金額も簡単に出せます。

 

毎月の返済も、2ヶ月に一度入ってくる年金から引き落としすればいいので、たくさんの借金などない限り、返済可能な金額であれば、即日キャッシングや、カードローンなど組めます。

 

しかし、年齢の問題はあるのかな?と思います。

 

60才の方なら、返済能力もありますが、90才近い方に年金の保証があるとは言え、金融機関が貸付を実行してくれるとは考えにくいといえます。

 

しかし、多額の貯金や、担保となりうる財源があれば、可能です。

 

年金受給者とはいえ、他に収入源があれば、家賃や、自営業など、時と場合によってローンを組むのは可能なので安心して審査に申し込んでみてください。

 

以前、金融機関に勤務していた時、年金受給者でカードローンを組んでいたお客様がいました。

 

年金受給日と同時にローン返済なので、なんだか気の毒な気持ちになりましたか、今思うと必ず入金になるお金です。

 

金融機関としてはとてもいいお客様なのです。

 

不安定な収入源より、安定性のある収入源の方が良いという判断を金融機関はするものなのです。

 

 

→ 年金受給者はお金借りれる?