生活保護でもお金借りれる金融会社はどこ?どうにかして安心借り入れ

生活保護でもお金借りれる金融会社はどこ?どうにかして安心借り入れ

 

生活保護でもお金借りれる金融会社はどこ?どうにかして安心借り入れ

 

お金は生活をするために絶対に必要なものですが、

 

特別な理由があって働けなかったり給料が少なすぎて通常の生活を送れない時は生活保護を受けることができます。

 

日本国憲法では国民は誰でも健康で文化的な生活を送ることを生存権で保障しています。

 

最低限の生活が送れなくなった人は、助成金としてまとまったお金をもらいます。

 

しかしそれでもお金が足りないことは珍しくありません。

 

その場合は他から借りるしかありません。

 

そもそも生活保護を受けている人は周囲にお金を貸してくれる人がいないという条件を満たしているので、金融会社を利用するという選択肢のみ残されています。

 

役所では助成金をキャッシングの返済に使うことを認めていませんが、突発的な病気や事故などでお金が必要になった場合は、例外として金融会社の利用を認めることがあります。

 

ただし大手金融会社はキャッシングを利用する人の条件に安定した収入を挙げているので、審査に通りません。

 

大手金融会社は優良経営を続けるために、契約者から貸したお金を必ず返してもらうことを前提にサービスを展開しています。

 

ボランティアではないので、仕事の無い人に貸すことはありません。

 

生活保護を受けても借りられる可能性があるのは、大手より審査が厳しくない中小金融会社です。

 

「ライフティ」は24時間インターネットからの申し込みを受け付けています。

 

電話にも対応し、女性専用のダイヤルを設けています。1000円〜500万円まで借りられるので、大体の出費をまかなうことができます。

 

ライフティは今まで無名の金融会社だったので、審査に時間がかかるなどサービスに不満を持つ人もいます。

 

しかし複数の金融会社を利用している人でも契約できるケースがあるので、大手金融会社を諦めるしかない人におすすめです。

 

電話やメールなど対応面でのクレームは少ないので、始めてのキャッシングにも適しています。多重債務者でも利用できると有名なのが、「フクホー」です。

 

フクホーでは貸し出す上限を10万円に抑えています。少額しか貸さないので、借りられる条件が厳しくありません。キャッシングAnyは、インターネットからの申し込みで即日融資が可能です。

 

1dayダイレクトローンやフリーローンビックなど取り扱い商品が多く、融資は1万円から1億円までです。1dayダイレクトローンは10万円未満の利用で年率20.0%です。

 

金利を高く設定することで、通常は借りられない人もサービスの対象に含めています。過去のキャッシングAnyを利用して返済を延滞した人は、審査に通らないと言われています。

 

それ以外の人は、ブラックリストに載っていても10万円未満はほど100%審査に通るとされ、多くの人のお金の工面をサポートしています。

 

これらの金融会社は闇金のような運営は行っていません。

 

大手金融会社のような低金利ではなくても、法律を守りながらお金を貸しています。

 

しかし中には闇金である会社も多いので、信頼できるかはチェックします。

 

日本貸金業法協会に加盟している金融会社であれば、会社の規模に関わらず健全な運営を行っていることが認められています。

 

その会社のホームページを見て会員番号があれば信頼性が高いです。

 

生活保護でもらったお金は収入ではないので、それを収入として判断する会社には注意します。

 

金融会社からお金を借りた時は、申告を行わなければなりません。

 

生活保護を受けている時は、助成金の中で生活することが求められています。

 

しかし予定外の出費でお金を他からもらった時は、そのことを申告します。

 

借金は返済するものですが、自分でお金を調達する能力があることを示すために、借金も収入の一つとして判断されます。

 

生活保護でもお金借りれる方法 消費者金融で調査される?

 

生活保護受給者は、基本的に借り入れは禁止されていますが、幾つかの条件に適合すれば消費者金融の審査を通過して借り入れが可能なケースがあります。

 

特に、生活保護受給者でも生活保護を全額支給金される事無く生活費の一部をアルバイトなどで補填している場合には、勤務先が存在するので在籍確認も問題無くすべての審査をクリアできることになります。

 

原則的に生活保護受給者が金融機関や消費者金融からお金を借りる事も可能です。

 

勤務先の在籍確認は、ほとんどの全ての金融機関や消費者金融で審査時に行われています。

 

在籍確認を健康保険証や給与明細で問題無い消費者金融業者が存在するだけで無く、信用情報の状態や金融機関の利用実績で総合的に判断して在籍確認をしない金融機関も稀ですが存在します。

 

その為、年間の所得を証明する書類を必要としない範囲でキャッシングを利用するならば、生活保護受給者でもお金の借り入れが可能です。

 

生活保護は、安定した収入が無いだけで無く、憲法第25条の健康で文化的な最低限度の生活を営む権利である社会権の1つ生存権を国が守護する為のセーフティーネットです。

 

その為、安定した収入を有する人が対象となるお金の借り入れは生活保護の打ち切りに繋がり、隠匿していてもケースワーカーのチェックで露呈するのが一般的であり、不正受給が発覚すれば厳しい罰則を受ける事になります。

 

不正受給が200万を超えた場合には、生活保護法第78条に従い詐欺罪で警察に告訴され、隠匿額が200万以下の場合には未申告収入の最大140%を上乗せして返還する罰則が科せられる法律です。

 

しかし、意図せず未申告収入を得てしまった場合にも、生活保護法63条による生活保護の返還命令が下される事があります。

 

生活保護受給者がお金を借りる場合には、社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度を利用する事が出来ます。

 

審査基準が非常に厳しいだけで無く2014年までは借り入れ自体が収入とみなされ、借り入れ金額が生活保護の支給金額から差し引かれていた事から生活保護受給者にとっては意味の無い制度でした。

 

その為、生活保護受給者は消費者金融や闇金融などからの借り入れを模索し、実際に借り入れを行っている人もいます。

 

お金の借り入れには、過去の金融事故の有無を確認するスコアリング審査や勤務先への在籍確認に加え、収入証明が必要となります。

 

現在では収入証明の提出が不要な金融機関も多くなっています。

 

その為、借り入れ金額が10万円程度の少額であれば、過去の金融事故などの信用情報に問題が無い場合には年収や勤続年数などのスコアリング審査を通過する可能性が高くなります。

 

しかし、生活保護は憲法第25条の健康で文化的な最低限度の生活を営む為の最低限の支給額なので借金を返還する為に利用する事が出来ません。

 

生活保護を受給する前に自己破産などで借金を返還する事から過去に金融事故無しの生活保護受給者は非常に稀と言えます。

 

生活保護受給者は、任意整理や自己破産などの金融事故無く受給するだけで無く、消費者金融やキャッシングの借り入れ申し込み時に生活保護受給者と申告せずに古物商や農家など在籍確認が不可能な職業で申請すればお金の借り入れが可能です。

 

しかし、仮にお金の借り入れが出来たとしても注意しなければならない事が数多くあります。

 

消費者金融やキャッシングは、金融機関の口座から自動引き落としによる返済が多く金融機関の通帳に返済記録が残る事から1年間に数度訪問してくるケースワーカーに通帳をチェックされて露呈してしまいます。

 

返済時には通帳に記録されない直接の支払いもしくはATMからの返済の必要があります。

 

闇金融の中には、お金の借り入れに必要な金銭貸借契約書などの書類を作成しないだけで無く、返済も残さず全てを口頭で執り行う業者もある事から生活保護受給者が借り入れを行っているのか現状です。

 

しかし、金銭貸借契約書などの重要書類が作成されていない事が問題になる前に高い金利に首を絞められる結末が多いです。

 

貸金業規制法及び出資法の一部改正法の闇金融対策法に頼る結果となります。

 

闇金融対策法は、登録業者及び無登録業者を問わず年109.5%を超える利息での貸付契約を無効となります。

 

利息については一切支払う必要が無く、相談する場合には相談料の高い弁護士や民事不介入の警察では無く料金がリーズナブルな司法書士の法が無難です。

 

生活保護は、生活保護受給者の自分勝手な判断でお金の借り入れを行い生活保護の打ち切りになるのは自業自得で仕方ありません。

 

現在受給者の増加に加えて不正受給者の発覚数も増加している事から、2年?3年かけて生活保護受給額の最大13%の減額が検討されているのが現状に拍車をかける事になります。

 

多くの善良な生活保護受給者の生命を危険にさらす事にもなるのでお金の借り入れを行う際にはよくよく考える必要があります。

 

カードローンの消費者金融を選ぶ方法 銀行か街金か?

 

生活保護でもお金借りれる金融会社はどこ?どうにかして安心借り入れ

カードローンを取り扱っている会社は沢山あるので、

 

いざ申込みをしようとした時に、どのカードローン会社で融資を受ければ良いのか迷ってしまいます。

 

金利面での違いはありますが、大まかな貸付条件などは大体一緒なので、

 

どの金融会社でもいいだろうと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

一見、どこも似たような融資をしているように見えますが、詳細に比較していくと、色々な違いがあります。

 

カードローンサービスの主な違いは、申込みの煩雑さと、審査の早さです。

 

申込みから審査までの時間がほとんどかからないという金融会社が多いですが、

 

詳細に見ていくと、同じ金融会社でも早い遅いの差があります。

 

申込みをしてから、審査の結果が出るまでものの数分という金融会社もありますし、

 

申込みのタイミングによっては翌日まだ待たなければいけない会社もあります。

 

消費者金融系の申込みは、割と早く審査が行われる傾向があります。

 

カードローンを実際に利用した人の口コミ情報をチェックすることで、審査にかかる時間がわかります。

 

各金融会社によって、10分程度で申込みの受付から審査まで終わっている会社や、

 

最短でも手続きが終わるまで1時間かかるところがあります。

 

より低い金利で融資を受けることができれば、返済に必要な金額は安くできます。

 

金利についてはできるだけ低い金融会社から借り入れたいものです。

 

わずか0.1%の差でも、カードローンの融資先選びでは重視したいのです。

 

 

まとまった金額でお金を借りている人ほど、金利の影響は拡大してしまいます。

 

いつカードローンの申込みをするかで、金利が何%かキャッシュバックしてもらえるキャンペーンや、金利0%キャンペーンなどもあります。