ユニズム在籍確認ある?お金借りる審査の流れとは

ユニズム在籍確認ある?お金借りる審査の流れとは

 

ユニズム在籍確認ある?お金借りる審査の流れとは

ユニズムと言えば、審査が厳しくないために債務整理をした人や自己破産、多重債務者などでも比較的借り入れを行いやすく、このような人々の間で人気を集めています。

 

また、ユニズムは他の金融業者とは異なり、申し込みが行われた場合審査を始める前に在籍確認を行っているという特徴があります。

 

在籍確認とは、自分が勤務している会社や団体などに、

 

借り入れの申し込みを行った金融機関から電話が入ることを言います。

 

申込者が本当にその会社で仕事をしているのか、嘘の申告を行っていないかを確認するために行われます。

 

もし嘘をついていれば、収入が無いために返済が滞って金融機関が損をしてしまうことにもなりかねないため、

 

在籍確認は慎重に行われます。

 

一般的な金融機関の場合、新規の申し込みが行われると様々な審査が開始され、その一環として在籍確認も行われます。

 

このため、勤務先に借り入れを知られたくない場合でも電話がかかってくるのは避けられません。

 

消費者金融や知名度のある業者の場合、

 

会社名を名乗るとすぐに借り入れの在籍確認だと気づかれてしまい、

 

申込者に嫌がられてしまうため確認担当者の個人名を名乗ってかけてくることも多いです。

 

一方、銀行などのキャッシングやローンを申し込んだ場合は、

 

預金や一般的な金融商品も取り扱っているため電話があったからと言ってすぐに借金に気付かれることもありません。

 

このため、基本的には銀行名を名乗って電話してきますが、

 

申込者が希望すれば銀行名を名乗らず個人名でかけてきてくれます。

 

ただ、違う企業名や架空の企業名を名乗って電話をかけることは法律で禁じられているので、

 

このようなことを業者に依頼しても断られることが多いので注意しましょう。

 

ユニズム在籍確認ある?お金借りる審査の流れとは

ユニズムは一般の消費者金融にあたるため、電話をかけても個人の借金が気付かれないように個人名で在籍確認の電話をかけてきます。

 

一般的な業者の場合は審査が始まってから電話してきますが、ユニズムは審査が始まる前にまず在籍確認を行います。

 

もともと審査が厳しくないという特徴があるため、まず何よりきちんと会社に勤務して収入を得ているのか、

 

嘘を申告するような借り主ではないかを大前提として融資を行う必要があるためです。

 

通常は在籍確認は審査の最終段階で行われることが多く、在籍確認が入ったということはほぼ審査クリアしたようなものだと言えます。

 

この点ユニズムは審査開始前に確認が入るので、場合によってはその後の審査で申し込みを断られることもあり得ます。

 

また、勤務先や債務状況などによっては給与明細の送付を求められることもあるので注意しましょう。

 

ユニズムの特徴は、審査がスピーディで融資を受けるまでの期間も早いという点です。

 

知名度や十分な経営体力を持たない中小消費者金融の場合、

 

審査の緩さやキャッシングまでのスピードで他社と差別化を図り、競争に打ち勝つ必要があります。

 

このため審査の手続きをできるだけ合理的、効率的に行うために事前の在籍確認を行っているのです。

 

そもそもこのような中小業者には、大手や銀行などの業者に申し込みを拒否された人が多くやってくるため、

 

本来であればさらに審査を厳しくしてもおかしくないのです。

 

そこをあえて緩くし入り口を広げることで、申込者にとっては救いになり、会社にとっても顧客獲得というメリットが生まれるのです。

 

このように、審査開始前に在籍確認が行われるという特徴はありますが、きちんと会社に勤めていて収入を得ている人であれば全く問題ありません。

 

全ての借り入れで言えることですが、借り入れ前にしっかり無理のない返済計画を立て、

 

むやみな利用をしないように注意しながら利用することが大切です。

 

ユニズム審査情報 在籍確認はどんな感じ?

 

ユニズムとは三重県にある消費者金融会社です。

 

消費者金融会社のテレビcmなどはよく見ると思うので、消費者金融を何社かは知っている人は多いと思います。

 

また実際に消費者金融を利用したことがある人もいるでしょう。

 

しかし実際に消費者金融を利用したことがあるような人でもユニズムの名前は聞いたことがないかもしれません。

 

多くの人は大手の会社だけを比較して決める場合が多いからです。

 

ユニズムは大手と比べると圧倒的に知名度が低いですが、三重県内には支店、営業所が複数ありそれなりに有名です。

 

県に知名度などという概念はありませんが、イメージ的に三重県はマイナーな県な感じがするでしょう。

 

そんな三重県で有名と言われてもピンと来ない人が多いと思います。

 

しかし創業40年の歴史があり、全国からネットで借入、返済が振り込みでできるので知る人ぞ知る消費者金融といった会社です。

 

では他の消費者金融や銀行カードローン会社と比較して、審査情報や借入、返済の流れの違いを検証していきたいと思います。

 

 

 

最初に借入限度額についてです。

 

他の消費者金融や銀行カードローンでは、収入額に応じて借入限度額が数万から数百万と変動するのが一般的です。

 

しかしユニズムでは数十万円で固定されています。

 

高収入の人にとっては限度額が低くなりますが、低所得者にとってはむしろ好都合ということになります。

 

 

 

次に金利についてです。

 

金利に関しては他の消費者金融と同程度です。

 

そのため他の消費者金融と同様に、銀行カードローンと比較すると金利は高いです。

 

 

 

申し込みに関してです。

 

申し込みはネットもしくは窓口で行うことができます。

 

店舗が三重県に集中しているので、他県の人はだいたいネット申し込みで審査を受けることになります。

 

審査基準は他の消費者金融と同じように、収入や勤務先、過去の借入状況などの項目が主です。

 

審査に通った場合は、これも他の消費者金融と同じように本人確認書類と収入証明書類を送付する必要があります。

 

審査は早く、数日以内には借入れられます。

 

早いときは当日融資も可能です。

 

 

 

返済方法に関してです。

 

返済方法は振込のみで、手数料も利用者負担です。

 

これに関してはあまり利便性が高いとは言えないでしょう。

 

 

 

これらがユニズムの他社との比較結果です。

 

結論としては、細かい手続きが少なく早いというメリットがあるということです。

 

逆にデメリットは金利や手数料などお金が掛かる部分が多いということです。

 

 

また借入から返済までの流れの選択肢が少なく、人によっては不便に感じるかもしれませんが、逆に悩まなくて済むとも言えるでしょう。

 

基本的には大手消費者金融や銀行カードローンで借りる方が無難とは言えます。

 

その方が情報も多いですし、規模の経済が働くので手数料などで細かくいろいろ取られる可能性は減ります。

 

顧客が少ないということは、その分少ない顧客からは多くのお金をもらわなければ経営が成り立たないということになります。

 

これは消費者金融や他の金融業界に限った話でもありません。

 

むしろ飲食店などで考えた方がわかりやすい話かもしれません。

 

たとえばチェーンの牛丼屋やハンバーガー屋は回転率が高いです。

 

また店舗も多く、トータルの顧客数が多いです。

 

だからこそ安い値段で提供することができているのです。

 

品質やサービスの問題もありますが、一番は規模の問題です。

 

たくさん売れれば一つ一つの利益率が低くても高い収益になります。

 

塵も積もれば山となるというもので、コストはありませんが募金も同じ理屈です。

 

一人一人は1円しか入れなくても、1億人入れれば1億円になります。

 

消費者金融においても同じで、大手の方がそれだけ安く提供できる土壌があるのです。

 

では規模の経済で負ける中小企業がどうやって利益を出すかと言うと、差別化です。

 

大手で得られないサービスを提供することで顧客は高いお金を払います。

 

飲食店は比較的差別化が図りやすく、多少高くても斬新な料理を提供していたり、美味しいと評判になれば顧客が集まります。

 

すると売り上げが伸びます。

 

しかし、消費者金融はこういった差別化を図るのが難しいです。

 

商品自体はお金を貸すことなので、独自のサービスというのはあまりありません。

 

単純に価格競争に巻き込まれて負けます。

 

ではなぜユニズムが利益を出せているのかというと、対象顧客の差別化を図っているからです。

 

具体的には、大手消費者金融や銀行カードローンの審査で落ちた人が集まることが多いです。

 

大手の審査に落ちたということは、それだけリスクのある顧客であるということです。

 

そのためリスクのある客にお金を貸すには、そのリスクを回避するための努力を行う必要があります。

 

優良な顧客に比べて手間がかかるということです。

 

 

その手間を惜しまないことが大手と比較した場合の差別化戦略です。

 

多少優良でない顧客に貸出を行いその管理をしっかりと行っています。

 

顧客側の目線では、自分が優良さに多少劣る顧客であったとしても借りられるかもしれないということです。

 

お金はユニズムで借りられる?ユニズムで借り入れしたことを嫁にバレるのを避けたいなら

 

キャッシング会社ユニズムは、三重県の中小消費者金融です。

 

三重県在住の方なら実際の店舗を見たかもしれません。

 

当サイトで紹介しているようなアコムカードローンプロミスカードローンアイフルカードローンなど、大手消費者金融と比較すると

 

知名度は断然下がります。

 

テレビシーエムの影響ももちろんあると思いますが、

 

ユニズムでキャッシングしたいけど、闇金じゃないだろうか?嫁にばれないだろうか?

 

など不安も多いと思います。

 

ユニズムの詳細を簡単に紹介します

 

ユニズム金利 15.0−20.0%
限度額     50万円

 

 

限度額が、低く金利が若干高い傾向があります。

 

5万円単位でお金を借りられて、属性によっては50万以上も借りられますが、

 

ユニズムは基本的に少額融資です。

 

在籍確認の電話はユニズムの場合必ずあるので、職場に電話されたくないという方は、

 

アコム、プロミス、アイフルをお勧めします。

 

 

ユニズムは追加融資可能?増額審査と在籍確認情報 ほかの消費者金融で借りてても即日お金借りれる?

 

一昔前に比べて、消費者金融や銀行などからキャッシングをする人が増えてきました。今から20年以上前は、女性のキャッシングをする人はあまりいませんでしたが最近はイメージがクリアになったことから女性でも10人に一人程度はお金をキャッシングで借りています。

 

キャッシングの会社といっても様々なところがありますが、大きく分けて金融機関にも銀行と消費者金融があります。消費者金融は、お金の貸し借りを基本とするところですので預金などは一切扱っていないのが特徴です。これに対して銀行などは、キャッシング専門ではありませんでしたが最近は金利が低いためキャッシングに頼らざる得ないところがあります。銀行の場合には、住宅ローンなどで金利をとっておりそこで設けを出していたのが従来のやり方でした。

 

ですが日本が不景気になってから、金利を高くしても住宅が売れないことがわかりましたので2010年からゼロ金利政策とよばれるものも実施しています。金利をほぼゼロ円に近いものにして、可能なかぎりローンを組み住宅を買ってもらう仕組みをいます。

 

これにより、住宅を購入する20代後半から40代前半の人たちが増えてきましたが、銀行側とすれば死活問題になっています。そこで、銀行もいよいよカードローンに乗り出し、消費者金融などと同じようにカードでお金の貸し借りを行っているのがポイントです。

 

このような流れの中で、消費者金融の方も決して負けてはいません。消費者金融の中ではそれほど大きな会社とは言えませんが、ユニズムはひそかに話題になっている業者になります。ほとんどテレビコマーシャルなどや雑誌の広告などに出てきませんのであまり知名度はありませんが信頼できる会社といえるでしょう。

 

ユニズム登録されているだけでなく金利なども法律の範囲内に定められていますので健全な会社と言えます。特に、い評判などはありませんので、実際に利用するか迷っている人が安心して利用してみてもよいでしょう。

 

いざ利用するとなった場合に必要なのは、審査です。審査を受けなければ、そもそもお金の貸し借りをすることができませんのでまず第一関門として基本的な審査事項に引っ掛からないようにする必要があります。審査は、年齢制限や収入そして使用目的などを調べられますが、それとは別にブラックリストに名前が載っていないかどうかも調べられます。年齢に関しては20歳以上ならば借り入れできますが、上限としては65歳ぐらいまでとなっていますのでその点を注意して借入するようにしましょう。

 

なぜそれ以上の年齢の場合にお金を貸すことができないかといえば、そもそも年金生活になりますのでお金の返済のめどが立たないからです。もっとも、最近は70歳以上の人でも働いている人はいますので65歳といった年齢制限を設けることにそれほど大きな意味がなくなってきています。そのため、会社によっては65歳以上でもお金を化しているところも少なくありません。

 

年収に関しては、無職でお金がない人以外はお金を貸してくれると考えてよいでしょう。基本的に消費者金融の場合には総量規制が適用されるため年収の3分の1までしか借り入れることが出来ないのが特徴になります。それ以上借り入れるには銀行などに頼るしかなさそうです。では、ほかの金融機関などからお金を借りている場合にはどうなるかといえば、すべての合計が3分の1に達したら貸してくれなくなる可能性があると考えましょう。

 

それ以外では、ブラックリストに名前があるかどうかも重要な事項です。ブラックリストと呼ばれるものが銀行や消費者金融などで所有されているわけではなく、情報提供してくれる会社が保持しているリストのことをいいます。もちろん正式名称がブラックリストなどではなく、通称ブラックリストと呼ばれているものです。

 

そこに書かれているのは、その人が今までどのようなおカネの貸し借りをして滞納があったかなどが記録されており、滞納などがなければ特にその人の情報は空白のままです。滞納といっても、1カ月で2カ月程度の滞納ではなかなかブラックリストに載るようなことはありません。

 

少なくとも、3カ月以上滞納している場合が債務整理を行った場合にブラックリストの情報が書き換えられると思って間違いありません。一回掲載されたブラックリストの情報は、債務整理の場合に関しては7年から10年ほど名前が消えることはないでしょう。

 

後は、在籍確認が重要になりますが在籍確認は必ず電話で行われます。勤務している会社に偽りがあるなどでなければ特に在籍確認でひっかかるようなことはありません。
増額審査に関しては、積極的にユニズムの方でも行っていますので少なくとも半年以上金の貸し借りがあり買いも滞納せず支払っている場合には増額審査ができる可能性があります。ただ、収入によって総量規制が適用される場合は増額審査の対象にはなりませんので注意しましょう。